動線分析とは?サービス比較・事例まとめ

店舗での消費者の動きをAIで分析するソリューションの導入が進んでいます。

動線分析の特徴・導入のきっかけ・効果

動線分析の導入の特徴・導入のきっかけ・効果を事例から分析してみました。

動線分析の特徴

消費者の店舗での行動を定量化することができます。

主な見える化指標

  • 来店数
  • 購買率
  • 立ち寄り率

導入のきっかけ

店舗の改善がスタッフの勘と経験に依存してしまっていることが主なきっかけのようです。

  • POCデータだけでは消費者の動きを定量的に捉えられない
  • 回遊性に関する実態がわからない
  • 店舗づくりノウハウのブラックボックス化
  • 来店しているのに購買しない理由がわからない

導入効果

定量化されることでPDCAサイクルが回りやすくなったという声が多いです。

  • 定量データに基づいた仮説・検証サイクルの確率
  • 年代別の購買率の見える化
  • 入店率の見える化

サービス一覧

ABEJA Platform for Retail

運営会社:株式会社ABEJA

サイトURL:https://abejainc.com/insight/retail/ja/

課金体系:カメラの台数による課金

料金:16,000円〜

他の事例はこちらから

Moptar

運営会社:スプリームシステム株式会社

サイトURL:https://www.supreme-system.com/product/moptar/

課金体系:不明

料金:不明

他の事例はこちらから

InSight

運営会社:株式会社Flow Solutions

サイトURL:https://www.flow-solutions.com/reports

課金体系:不明

料金:不明

他の事例はこちらから