動線分析 導入事例 株式会社ベイクルーズ

百数十を超える店舗で来店客数計測をしています。

導入ツール:InSight

導入企業:株式会社ベイクルーズ

レディース・メンズのトータルファッションの企画・製造・販売・直営店の運営、飲食店の運営、インターネット通販サイトの運営、及び家具の販売、フィットネス事業の運営

http://figaro-paris.jp/

導入時期:不明

導入事例:

百数十を超える店舗で来店客数計測をしています。

現在、グループ内の百数十を超える店舗で来店客数計測をしています。

来店客数計測を通して感じたこととして、新店オープン時の客数をみたときに、予想をはるかに超える入店があったことに驚きました。また、購買率の数値は予想より低く、計測してみてはじめてわかることも多いと感じています。

週のはじめに購買率をチェックしています。

FIGARO Parisというブランドを担当しているのですが、購買率を上げることで売上目標、利益目標を達成していくという考えのもと、週のはじめに欠かさず購買率のチェックをしています。

その他にも、入店客数・パック率(販売点数÷取引数)・客単価といった指標を定期的に観察することで、店舗・ブランドの状態を把握するようにしています。

確実な目標達成のために、これらの指標の数値向上は欠かせないと思います。

業務や役職に応じて、データの利用方法は異なります。

レポートサイトの店舗用ダッシュボードはシンプルでわかりやすく、視覚的にパッとデータがわかるので、忙しい店舗スタッフが日々の営業でデータをチェックするのに向いていると思います。

一方、経営トップや事業部ディレクターは、店舗のように毎日リアルタイムでデータを必要とするというわけではありません。カンパニー長レベルでは、月間の全体のパフォーマンスがどうだったのかの確認に、事業部ディレクターは、週間でブランドの店舗比較をするために、エグゼクティブダッシュボード(※)を利用しています。役職に応じてデータの確認頻度や、利用するダッシュボードの機能は異なりますが、Flow Solutionsのレポートサイトはどのレベルにも対応しているのがいいですね。

※全店舗データ閲覧用のダッシュボード。店舗/地域/ブランド別のパフォーマンス比較が可能。

データ活用をさらに推進したい。

今後、社内でさらにデータ活用を推し進めていきたいと考えています。

ブランドによって大切にしていることや方針は異なるので、データ利用の頻度にバラつきが出てしまうことは事実です。

来店客数計測をしている店舗ではマストでデータをチェックしていくことができるよう、セミナー等のコンテンツを利用するなど、Flow Solutionsと共同でデータ活用の環境を整えています。

引用元:https://www.flow-solutions.com/users_voice_01_baycrews