Webセミナー 導入事例 ソフトバンク株式会社

連日の疑似ライブ配信、視聴者の疑問にチャット対応

導入ツール:GigaCast

導入企業:ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は通信事業のエキスパートとして、価格競争力、高信頼性ネットワーク、ICTソリューションで差別化を図り、信頼と実績を築いてきました。 グループのシナジーを活かし、IoT、ロボット、AIなども含む包括的なICTソリューションをお客様のニーズに合わせ提供しています。

導入時期:不明

導入事例:

GigaCastに乗り換え、標準機能で要件クリア
以前利用していた他社のオンラインセミナーのサービスは、視聴者の受講ログが取得できず、アフターフォローができませんでした。閲覧する端末やブラウザなど受信環境にも制限があり、すべてのお客さまが参加できませんでした。

このため、私たちが求める要件をクリアできるサービスをあらためて探したところ、GigaCast Cloudが標準機能で要件すべてを満たしており、コスト感も予算とマッチしていましたので、乗り換えることにしました。さまざまな疑問に迅速に回答頂いたことなど、弊社に寄り添ったセールス対応も決め手となりました。

私たちが求めていた要件は、次の6点です。

・視聴者ログの取得
・セミナーごとのURL発行
・チャット機能
・スマートフォンやタブレットでも視聴できるマルチデバイス対応
・ブラウザに依存しない
・疑似ライブ配信

「疑似ライブ配信」については、受講しているお客さまがその場で疑問を投稿できる「チャット機能」を利用できるか重視しました。

乗り換え検討にあたり、ベンダー約5社に声を掛けましたが、要件すべてを網羅しているツールはなかなかありませんでした。個別開発の提案も頂きましたが、開発に時間がかかり、想定していたコスト感ではありませんでした。

視聴者へのフォロー、スムーズに
GigaCast Cloudの導入によって、お客さまの視聴履歴のほか、チャットや質問の履歴も残るので、アフターフォローがスムーズにできるようになりました。視聴者アンケートもセミナー中にできるため、回答率も目に見えて向上しました。配信は当初、週1回・1商材でスタートしましたが、大きな反響を得て、6月には週4日・6商材に拡大しました。

お客さまからは「自席にいながらセミナーを受講できて便利」「チャットですぐに質問が出来て良かった」といったお声を頂いています。社内からは、オフラインで開催したセミナーを撮影した動画コンテンツを2次活用できる点や、オフラインセミナーに比べ開催までに工数がかからない点が評価され、社内の多くのプロダクト部門から配信要望を頂いている状況です。

迅速なサポート、問題も早期解決
サポートも迅速にトラブル対応して頂いています。セミナー配信直前にお客様から技術的な質問が入ることもあり、ロゴスウェアのサポートチームに問い合わせると迅速に回答いただけます。問題は解決するまで調査し、その原因を早期に回答して頂いています。

お客さまの声に即応し新鮮コンテンツ配信したい
今は限られた契約時間内にコンテンツを選定して配信していますが、今後はより多くの商材をオンライン配信していきたいので、配信時間の拡大も検討していきたいです。

また、アンケートやチャット・質問で頂いたお客様の声や要望をスピーディに分析し、常に新しいコンテンツを作成してオンラインセミナーで配信したいと考えています。「ソフトバンクのオンラインセミナーは参考になる! 面白い!」とお客さまに思って頂けるセミナーを開催していきたいです。

また、お客様のご都合の良いタイミングで、いつでも・どこでも視聴することが出来る「アーカイブ配信」(オンデマンド配信)にも興味を持っています。「アーカイブ配信」のニーズも多くありますので、「疑似ライブ配信」と使い分けて配信することを検討していきたいです。

引用元:https://powerlive.logosware.com/voice/softbank/