SFA 導入事例 株式会社白崎コーポレーション

JUST.SFAの操作性がナレッジ共有を強力サポート

導入ツール:JUST.SFA

導入企業:株式会社白崎コーポレーション

防草緑化用資材の企画・販売、OAサプライ品の製造・販売

導入時期:不明

導入事例:

導入事例の概要
「防草シート」などのオリジナル製品を中心に雑草問題を総合的に解決し、数々の緑化活動を支えてきた白崎コーポレーション。自然が相手であるため、雑草を効果的に抑えるためにはさまざまなデータの蓄積が必要であった。しかしながら、営業週報は個々人が管理している状況で、ナレッジの共有が大きな課題となっていた。そこで全社的なシステム入れ替えの際にJUST.SFAを導入。スムーズに活用が進み、目的のナレッジ共有に向け着々とデータが蓄積されている。

導入前の背景
自然が相手の雑草対策ナレッジ共有が不可欠に
雑草問題解決という自然環境を相手にする業務であるため、狙った効果を出すノウハウを得るには何年にも渡る情報の蓄積が不可欠であった。そのためナレッジ共有を目指しツールの導入を検討したが、価格面で折り合いが付かず一度は断念。その後、全社的なシステム入れ替えを機に積年の課題解決を目指しSFA導入を検討することとなった。複数のツールを比較検討したが、その一つとしてJUST.SFAも選ばれ、検証が進められた。

JUST.SFA 採用の理由
圧倒的な使い勝手のよさを現場の営業部員も支持
無料版を含め実際に使い勝手などを評価して行く中で、直感的に操作ができ、圧倒的に見やすいJUST.SFAが早い段階から有力候補となった。日々の営業データを集積し、それを共有していく計画であったため、公共事業の特殊な営業プロセス管理ができるかどうかをプロトタイプで検証。問題なく管理できることが確認できたため、正式導入が決定した。また現場の営業部員による評価が高かったことも決め手となった。

導入後の成果
定着に向けた体制作りで情報が着々と蓄積
目指すナレッジ共有を実現させるには数年間に渡っての情報蓄積が必要となる。そこで、営業企画と副事業部長で改善会議を組織するなど、日々の営業活動を着実に入力していく体制作りに尽力している。また、会議への参加はJUST.SFAへの入力を必須としているが、その使いやすさからすでに現場での入力習慣が根付いている。さらに現場から新たな活用方法の提案も生まれるようになり、積極的な活用が進んでいる。

引用元:https://www.justsystems.com/jp/products/justsfa/case/shirasaki.html